ファクタリング

ファクタリングは違法じゃない理由と業者を見分ける8つのポイント!

経営者にとって常に悩みの種なのは、会社の経営に必要な資金調達の方法ですが、その資金調達方法の中で「ファクタリング」という仕組みがあるのは知っていましたか?

ファクタリングって聞いたことはあるけどよくわからないって経営者の方が実は多いのが事実です。

そのため「ファクタリングは違法だ!」と勘違いしている方もいるくらいです。

どんな会社であっても、融資が通らない、資金繰りが赤字になっている、負債が返済できないなどの理由で資金が足りない状態となる可能性を持っていますし、厳しい中で金策に追われて疲弊しているということもよくあることです。

特に直近では新型コロナウイルスの影響により資金繰りが悪化して倒産の危機にさらされている企業が多いため審査に時間がかかり即日融資も受けにくく、急ぎの資金調達もしにくくなっています。

そこで今回は、資金調達の1つの方法である「ファクタリング」についてご紹介すると共に、法律の観点から見た解説や悪徳業者の見抜き方まで幅広くお伝えしていきます。

目次

そもそもファクタリングって何なの?ファクタリングの基礎知識

ファクタリング 違法

まずは、そもそもであるファクタリングに関わる基本的な知識について確認していきましょう。

ファクタリング業者と貸金業者は何が違うの?

ファクタリング業者と貸金業者の大きな違いは、貸金業登録をしているかどうかという点に現れます。

  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • リース会社
  • 信販会社

など会社や個人に直接お金を貸す可能性のある貸金企業については、財務局長もしくは都道府県知事宛に貸金業登録を行わなければなりません。

一方、ファクタリングは金銭の貸与を伴わないため、貸金業登録をしないで営業することが可能です。

ファクタリングは債権(売掛金)の売買取引であるということ

ファクタリングとは、他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収・管理を行いながら手数料や差分収入を得る金融サービスのことです。

直接お金を貸し借りするのではなく、売掛金を回収する権利を安く買い取ることで利益を得ます。

ファクタリングを利用する企業にとっては、売掛金の回収よりも早いタイミングで現金収入を得たり、売掛金が回収不能になってしまうリスクを避けられたりするメリットがあります。

ファクタリングは「BtoB」の取引である

ファクタリングの特徴として、企業のみを対象としたBtoB取引であるということが挙げられます。

お金を貸すのではなく、会社が取引先に対して発行している売掛債権の売買を行うという性質上、対個人とのやり取りは行いません。

あくまでも法人や個人事業主が対象の仕組みになります。

売買に伴う審査の際にも、特に会社の信用情報や取引先の信用情報については注意してチェックされます。

ファクタリングは違法?売掛債権の譲渡という性質が問題

ファクタリング 違法

ファクタリングは、売掛債権の譲渡という性質上、違法なのではないかという議論がよく起こります。

問題となりやすいのは、売掛債権の譲渡をするという部分についてです。

法律では債権を二重譲渡することが禁止されていないため、お金に困った企業が自社の売掛債権を複数のファクタリング会社に譲渡することが可能となってしまいます。

そうすると1つの売掛債権を複数の会社が持ち合うような形となり、取引が成立しなくなってしまうため、ファクタリング業者は対抗要件を備えることによって対策をしておくのが一般的です。

ファクタリングそのものは違法ではありません。

ファクタリングは違法ではなく、合法(国から認められている)

厚生労働省や金融庁がファクタリングを題材にした通達を出すこともありますが、ほとんどが違法ファクタリング業者や給与ファクタリングへの注意喚起です。

これらの業者に十分注意をした上でファクタリングをしましょうという形でまとまっていますので、ファクタリングそのものは違法でないということが分かります。

ファクタリングが違法ではない法的根拠とは

ファクタリングには、民法第555条「売買契約」民法第466条「債権譲渡」が適用されるため、違法な取引ではないということが法的な視点からも明らかになっています。

「売買契約」とはその名の通り物品・サービス・債権を売買する際の契約のことであり、ファクタリングのように売掛債権という商品と、対価である金銭を交換することは何の問題もありません。

「債権譲渡」とは債権を第三者に譲り渡すことを可能とするものであるため、売買契約をする際の商品やファクタリングに使用されるような売掛債権であったとしても合法であるということです。

売掛先・取引先にバレないファクタリングとは

ファクタリング バレない

実際にファクタリングを検討するとしても、売掛先や取引先にバレてしまうんじゃないか・・・と不安な人もいるでしょう。

ここでは、取引先にバレないようファクタリングについて解説していきます。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング業者に売りたい企業と、売掛債権を買い取りたいファクタリング業者との2社間のみで行われる取引の形態です。

あくまでもファクタリング業者と債権者のみでの取引ですので債務者への通達が不要であり、取引先にバレないファクタリング方法だと言えるでしょう。

一方で、契約の際の信用審査が厳しかったり、手数料が高かったりするデメリットもあります。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは売掛債権を売る企業と、売掛債権を買い取りたいファクタリング業者に加え、債務者である取引先企業も取引に関わってくる形態です。

債務者側の企業が売掛債権をファクタリングすることを取引先に伝えて了承をもらうことにより、取引先は売掛代金を直接ファクタリング業者に振り込みます。

審査も比較的通りやすく手数料も低く設定されているメリットがある一方、売掛金をファクタリングするということは資金難なのかもしれないと取引先にバレるデメリットを孕んでいます。

安心安全!信頼と実績のあるファクタリング会社は

ファクタリング おすすめ

ファクタリング会社を検討する際は、なるべく信頼・実績をある会社を選ぶよう心掛けましょう。

ここでは、実際に取引の実績があり、ユーザー満足度も高いファクタリング会社である「PMGファクタリング」をご紹介致します。

PMGファクタリングの概要

会社名 ピーエムジー株式会社
代表取締役 佐藤貢
本社所在地 東京都新宿区新宿2丁目12番8号ACN新宿ビル7階
本社連絡先 03-5361-7503
事業内容 ファクタリング事業及びコンサルティング事業
設立年月 平成27年6月
資本金 9,000万円
主要取引銀行 りそな銀行(新宿支店)、みずほ銀行(新宿南口支店)
従業員 35名

PMGファクタリング

PMGファクタリングをおススメする理由

PMGファクタリングをオススメする理由について、6つのポイントをピックアップしてみました。

ファクタリング会社を選ぶ際の参考にもなりますので、是非チェックしてみましょう。

即日決済(スピード感)

PMGファクタリングの大きな強みとして、即日決済できるスピード感が挙げられます。

最短1日で2億円までの資金調達を可能としており、ファーストコンタクトから実際に資金提供を行うまでの速度を特に重視しています。

緊急で経営資金が必要になった場合や、すぐに査定結果がほしい場合など、時間がなく忙しい時にも力強い味方となってくれます。

ユーザー満足度3冠

PMGファクタリングは、ファクタリング会社のユーザー満足度で3冠を獲得しています。

ゼネラルリサーチが全国の20代~60代の経営者向けに行ったアンケートにおいて、「顧客満足度」「対応スピード満足度」「スタッフ対応満足度」の3つ全てでNo.1の評価がついています。

また、この3つが3年間連続してNo.1であるということからも、市場から高い評価を得ていることが分かりますね。

安心できる実績

PMGファクタリングの過去の取引実績を見ても、安心できる企業であることが見て取れます。

2019年度の実績では、申し込み件数1,362件、新規成約数710件となっていて、累計では8500人以上に450億円以上を届けてきたことも分かりました。

また、業界最高値での買い取り率が98%を超えるなど、価格の面でも満足ができそうです。

ファクタリング有名メディアや週刊エコノミスト掲載実績

PMGファクタリングは、メディアへの露出も増えてきています。

毎日新聞社が発行しているビジネス誌「週刊エコノミスト」に掲載されたり、ファクタリングに強い有名メディアやプレスリリースにも取り扱われたりしていますので、目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

普段から経営者層の目に触れる機会が多い企業だということが分かります。

最大2億までの融資額

PMGファクタリングの強みの1つに、最大2億円までの融資が可能であるという点が挙げられます。

大口でまとまった資金調達が必要な場合や、予定していた入金が入らずに資金繰りに困っている場合には特に心強いポイントだと言えるでしょう。

しかも10万円からと少額からでも可能なため、顧客のニーズに合わせて柔軟な対応が可能です。

経営改善のサポート・アドバイス・コンサルティング可能

PMGファクタリングは、ファクタリングのみを行う企業ではありません。

若い専任担当者が対面式で優しく資金調達や税務戦略、経営改善のサポートについてのコンサルティングも行っており、経営戦略を二人三脚で考えるパートナーとしても力になってくれます。

また、今抱えている悩みについて相談に乗ってもらうことも可能です。

自分でも気づいていなかったような本質の部分まで掘り下げてくれますので、悩みを解決したい場合には是非一度相談してみましょう。

実際に金融機関と交渉したり実際の申し込みを行ったりする際にも、PMGファクタリングには協力会社がいるため資金調達しやすいというのもポイントです。

PMGファクタリング

PMGファクタリングと他社の比較

PMGファクタリングが提示している条件について、他社との比較をしてみました。

PMGファクタリング(ピーエムジー株式会社) ファクタリング会社A
スピード

最短1日

3営業日程度

手数料

3~30%程度

ファクタリング方法によって異なるが業界最高水準の買取率

5~20%程度

2社間ファクタリングのみ取り扱いで平均25%。別途様々な手数料あり

対象

法人・個人事業主どちらでも可

法人・個人事業主どちらでも可

担保

不要

債権譲渡登記を入れないプランも可

必要な場合もあり

債権譲渡陶器などの様々な担保を要求さるることも

取扱金額

10万円~2億円

30万円~5,000万円

審査基準

どこよりも柔軟

比較的通りやすい

PMGファクタリングの口コミ

PMGファクタリング 口コミ

良い口コミ

営業の人が誠実で熱心。手数料が安い。説明が丁寧(41歳 通販業)

三回リピートしたら、コンサルティングの提案をしてもらい、信用金庫からまとまった資金を調達できた。(50歳 卸業)

20万円のみの資金調達だったが、PMGしかこの少額は契約してくれない。スピーディーだった。(29歳 営業代行業)

請求書を発行した翌営業日には振込まれる。(27歳 塗装業)

早急な工事代金確保のため、借り入れよりもファクタリングが早いと判断し、依頼。書類がある程度揃っていたため、申し込みから入金までスピーディーだった。手続きは、PMGさんが全てやってくれ、言われた書類等を用意するだけでとても簡単。(京都府 建設業 K 様)

他社は、個人事業が受け付けていないが、ピーエムジーは個人事業主でも売掛先が法人ならOK。本社の場所も新宿なのでアクセスしやい。(43歳 物流業)

仕入れ代金や、光熱費などもろもろの経費がなかなか削減できない状況。コンサルティングにも相談に乗っていただき、対応が良かった。(66歳 木工家具製造業)

他社からの乗り換え。迅速な対応で、手数料が安かった。(50歳 食料品卸売販売業)

「ファクタリングって何?」という知識レベルでしたが、電話越しの対応がソフトでわかりやすかった。「他のファクタリング会社にも一度相談されてみてはどうでしょうか?」と言ってもらえて、実際に他社にも相談しましたが、PMGが一番手数料が安く対応もよかった。(32歳 輸入卸業)

税金滞納していたため銀行から融資が受けられない状況。そこで知人の経営者に相談したところPMGが対応が良いとのことですぐに相談し無事に資金調達できた。(35歳 飲食業)

悪い口コミ

ホームページのトップに手数料3%の表記があったが、見積もりを見たところ、よそと手数料にさほどの差はありませんでした。(34歳 金属部品製造業)

手数料3%と書かれていたが、現実的な利用条件ではやはり相場レベルの手数料に。(40歳 リース業)

地方で電子部品の製造業を経営。取引銀行を変えたら、スムーズな融資が下りなくなった。初めてピーエムジーに依頼しましたが、思ったよりも時間がかかり、少し焦った(45歳 電子部品製造業)


PMGファクタリング

ファクタリング業者か悪徳業者か見分けるには?

ファクタリング 悪徳業者

ファクタリング業者を選ぶ際、特に注意したいのが悪徳業者の存在です。

ここでは、悪徳業者の見分け方について8つのポイントをご紹介していきます。

後で売掛債権を買い戻すように要求してくる

後で売掛債権を買い戻すように要求された場合、ファクタリングを装った売掛債権担保融資に当たります。

通常、ファクタリングをする際は請け負った側が売掛債権を「買い取り」しますが、買い戻しを要求された場合は売掛債権を「担保」として扱っているということになりますので、ファクタリングと性質が異なります。

買い戻し代金を支払わねばならず、当初依頼した時以上に困窮する可能性も高いです。

契約書の内容はしっかりしているかチェックは必須!

契約をする際、契約書は隅々まで目を通すようにしてください。

特に、取引の金額や手数料など金額にかかわる部分は慎重な確認が必要です。

事前の打ち合わせと違う、話していた内容が明記されていない、話していない内容が記載されている、といった点がないか、必ずチェックしましょう。

契約直前、または契約後になって手数料の割り増しを要求する

打ち合わせでお互いの条件がマッチしたにも関わらず、契約直前や契約締結後に手数料の割り増しを請求されるケースもあるようです。

特に急いで大口の資金調達をしたい企業や急いで手続きを踏みたい企業に対してこのような手法を取ってくるファクタリング業者があるようですので、手数料が増えるタイミングがないかもチェックしておきましょう。

審査が甘すぎる業者は要注意!

審査が甘すぎる業者も注意が必要です。

ファクタリングはあくまでも、売掛債権の信用力を担保として資金調達を行う方法です。

通常のファクタリング業者であれば、スピードを意識しつつも審査そのものを甘くすることはありません。

目先の資金調達に焦っていたとしても、審査が甘すぎる業者の場合は闇金のような営業スタイルを取っている可能性もあると捉えて慎重に判断しましょう。

電話・チラシ・ダイレクトメールでの勧誘には気を付けて

顧客への広告宣伝方法が、電話・チラシ・ダイレクトメールの業者も要注意です。

これらの訴求方法が全て悪いわけではありませんが、アプローチ対象を絞っていないようであれば「悪評が立つ前に顧客を一気に獲得したい」という狙いがある可能性も出てきます。

経営層の目に触れる雑誌・番組・新聞・プレスリリースなどで効率よく宣伝している企業の方が、安心できます。

5万円未満の小口ファクタリング

ファクタリング業者は基本的に扱う金額の下限を決めていることが多く、HP等に明確に記載していなくても5万円未満の小口ファクタリングは扱わないケースが大半です。

このような小口案件を請け負う業者の場合、手数料ではなく金利をつけて貸金を行う場合が多いため、注意しておきましょう。

金額が小さいためすぐに返せそうと考えてしまいがちですが、実際には暴利に近い利息がついてどんどん返済が厳しくなってしまいます。

返済日が短期間

他の業者と比較して、返済日が異常に短く設定されている場合、悪徳業者である可能性が高まります。

急いでいたとしても、高い金額を提示されたとしても、必ず返済までの期日を他社と比較した上で契約するようにしておきましょう。

オフィスでの面談が可能かはチェックが必要!

悪徳業者の中には、オフィスを持っていなかったり、他の事業と同室で仕事をしていたりするケースもあります。

小さなマンションの1室をオフィスとして使用しているなど、顧客を迎えて面談するのに向かない業者もあると覚えておきましょう。

オフィスでの面談を提案した時に頑なに渋られるようであれば、疑ってみてもいいかもしれません。

ココに注意

現在では住所を聞けばGoogleマップなどですぐに確認できます。ストリートビューなどでチェックしオフィスが存在するかなども確認しておくほうが安全です。

担保の要求をされないか

契約をする上で、売掛債権以外の担保の要求がされた場合は一度思い留まりましょう。

ファクタリングは売掛債権の信用力そのものを担保として資金調達を行う方法ですので、契約をする際にその他会社保有の不動産などを担保にする必要はありません。

つい「お金を借りる=担保を用意しなければならない」と考えてしまいがちですが、ファクタリングの性質をよく理解した上で契約へ進むことが大切です。

ファクタリングに関する法律

ファクタリング 法律

【危険】個人向けの給料ファクタリングでトラブルが急増

給料ファクタリング 違法

最近は、個人向けの給与ファクタリングを巡ったトラブルが急増しています。

給与を債権としたファクタリングを行うリスクについてもご紹介していきますので、是非目を通してみてください。

リスク1.手数料が高い

給与ファクタリングを行う業者は、平均よりも明らかに高額な手数料を設定しているところが多いです。

闇金を利用して返済に困るカラクリと同様、利用したばかりの最初の頃は手元に届いたお金を見て安心するかもしれませんが、その後の生活に躓く可能性が高いと言えるでしょう。

リスク2.ファクタリングで給料前借りすると将来困る可能性がある

給与ファクタリングは、給与の前借りのようなものだと思っておきましょう。

自分の会社から前借りを行うのと異なり高額な手数料が必要となりますので、給与が入金されて返済に充てようとしてもどこかで無理が出てきてしまいます。

カードローンやキャッシング以上のリスクがあると捉えておくことが大切です。

リスク3.闇金のようなファクタリング会社もある

ファクタリングと銘打っていたとしても、実際には闇金のような業者も存在します。

返済が遅れた途端に毎日何度も電話をしたり、自宅や職場に事前連絡なく訪問したり、苛烈な取り立てを行う業者もありますので注意しておきましょう。

給与ファクタリングは、あくまでも貸金であるということを覚えておくのが鉄則です。

リスク4.利用者名簿がまわってしまう可能性

悪徳業者である場合、利用者名簿を悪徳業者間でやり取りしていることもあります。

このような業者と契約した場合、「詐欺に引っ掛かりやすい人」「お金に困っている人」として知られてしまうことになるでしょう。

ファクタリングに関わらず他の業者からも勧誘の電話やファックスが届くようになり、プライベートに支障が出る可能性があります。

リスク5.刑事事件に巻き込まれるリスク

金融庁・消費者庁・弁護士会だけではなく、各市区町村単位においても偽造ファクタリングに対しての注意喚起がされています。

売掛債権や給与債権を二重譲渡しようとする悪徳業者もいますが、このような業者は詐欺罪に問われて刑事告発されるリスクを孕んでいます。

このような業者に関わってしまった場合、自分だけではなく会社も刑事事件に巻き込んでしまいますので、十分注意しておきましょう。

まとめ

ファクタリングは、事業資金を獲得するための合法的な手段の1つとして検討されることをお勧めします。

ただし、悪徳業者やファクタリングを装った貸金業者には十分注意しておきましょう。

信頼できる業者を選んで相談することができれば、会社のピンチを免れることができそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ファクタリング

Copyright© 元闇金社長が暴露!超ブラックでもお金借りれる審査の甘い金融会社は , 2020 All Rights Reserved.

\ 資金繰りに困っている経営者様へ即日振込 /
PMGファクタリングで無料見積もり